ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

エアロバイクの選び方解説!家庭で理想のトレーニングを手に入れるためのTips

2023/12/08
エアロバイク

健康的な生活への追求と全身のフィットネスに対する関心が高まる中、エアロバイクは高強度の有酸素運動方法として幅広い注目を集めています。

そのエネルギッシュなレッスンは音楽や視覚効果、多彩なトレーニング強度を組み合わせ、短時間で優れたフィットネス効果を得られるようにします。さらに、エアロバイクの利便性や自宅でのトレーニングの便利さも好評を博し、現代のフィットネス分野において不可欠な一部となっています。

しかし、自宅でのエアロバイクを選ぶ際には、どのように選べば良いか悩む人もいるかもしれません。本文では、購入時に注意すべきポイントを6つの側面から説明し、お役に立てればと思います。

 エアロバイク

抵抗調整方法

エアロバイクは抵抗運動の一種であり、その抵抗は主にブレーキブロックと磁気制御の2つの方法で実現されます。

現在主流の方法は、基本的に磁気制御を採用しており、磁力を利用して抵抗を生成します。静音性が高く、抵抗がより滑らかであり、フライホイールの重量を軽くするため、エアロバイクの重量も軽くなり、家庭での使用がより容易になります。

磁気制御には手動と電動の2種類があり、手動磁気制御はツマミで調整する手軽さがありますが、電動磁気制御はより精密な抵抗調整が可能であり、効果もより良いため、主に高級機種で使用されています。

Tips:磁気制御式のエアロバイクを選ぶ場合、エントリーやミドルレンジの製品は手動磁気制御型がコストパフォーマンスが高く、ハイエンドモデルは電動磁気制御モデルを選ぶと効果的で快適です。

 

伝動方式

エアロバイクの伝動方式には、チェーンとベルトの2種類があります。両者はそれぞれ利用上の利点と欠点があります:

チェーン駆動は耐荷重性が高く、寿命が長いですが、騒音が大きく定期的な注油が必要です。一般的にはフィットネスクラブでの使用が見られます。

ベルト駆動はスムーズで騒音が少ないですが、ゴムベルトはチェーンほど耐久性がなく、長期間使用すると緩んだり切れることがあります。しかし、静音性の特性から、自宅での使用頻度が低いため耐久性の問題はそれほど顕著ではなく、現在の家庭用エアロバイクの主流はベルト駆動です。

Tips:自宅用のエアロバイクはベルト駆動のモデルを選ぶのがおすすめです。

 エアロバイク

調整範囲

3つの調整ポイント(シートの高さ、前後の移動、ハンドルの上下)は、さまざまな体型や健康状態に対応できるように調整できますので、購入の要件の一つとすることをお勧めします。

Tips:シートの高さ、前後の移動、ハンドルの上下が調整可能なモデルを選びましょう。

 

フライホイールの重量

エアロバイクのフライホイールの重量は購入の重要なポイントであり、エクササイズの最大強度を決定します。フライホイールが重いほど、運動の強度が大きくなります。フライホイールの重量と適応人群はおおよそ以下の基準で選ぶことができます:

8KG以下:初心者向け、運動不足の方や女性、高齢者向け。

8KG-12KG:中級向け、一般的な使用に最適であり、市場で最も多く見られるレベルです。

12KG以上:エキスパート向け、強力な運動能力を持ち、より大きな運動強度を求める健康志向のグループ向け。

また、フライホイールが外装で覆われていると、騒音を抑えたり、ホイールに触れることで子供やペットがけがをしないようにすることができます。

Tips:一般的な運動レベルに合わせて8KG-12KGのフライホイール重量のエアロバイクを購入すると問題ありません。特別な要求がある場合は、実際の状況に合わせて選択しましょう。

 

耐荷重範囲

エアロバイクに乗るには体重がかかるため、その耐荷重能力と安定性は非常に重要です。自分の体重よりも少し大きな耐荷重範囲の製品を選ぶことで、より安定した使用が可能です。

Tips:耐荷重範囲が広いモデルを選ぶことをお勧めします。

 エアロバイク

まとめると:

磁気制御式のエアロバイクを選ぶ。できれば、電動磁気制御型を選ぶ。

ベルト駆動のモデルを選ぶ。

シートの高さ、前後の移動、ハンドルの上下が調整可能なモデルを選ぶ。

フライホイールは一般的な運動レベルに合わせて8KG-12KGの重さのモデルを選ぶ。外装カバー付きのモデルも選択肢の一つ。

耐荷重範囲が広いモデルを選ぶ。

おすすめの記事
こちらもおすすめ