雨の日を、快適に。自分も周りも濡れない!逆さま傘「RainSmile U2」

2024/04/12
rainsmile u2傘 折りたたみ傘 晴雨兼用 折りたたみ傘
梅雨の時期になると、よく雨が降りますね。

しかもそれが急な雨だったり…

ちょっとの外出だからと傘を持たずに出かけたら急な雨にやられた経験もあるかと思います。

『やっぱり折り畳み入れとけば〜!』と思うことありますか?

そんな方におすすめなのがこの「RainSmile U2 折り畳み傘」です!

雨の日を、快適に。自分も周りも濡れない!逆さま傘「RainSmile U2」

超撥水&驚きの防水性能


「RainSmile U2 折り畳み傘」は340Tの高密度傘布を使用し、縫糸をも工夫して、
快適な雨の日を簡単に実現!

では、340Tの高密度傘布とはなんでしょうか?

「340Tの高密度傘布」 は、高品質の傘やアウトドア用品などで使用される素材です。

ここでの数字「340T」は、生地の密度を表しており、高密度を示します。

通常、このような高密度の傘布は耐久性があり、優れた防水性や風の通りにくさを持ち、軽量で柔らかい素材です。これにより、強力な日差しや雨から保護するだけでなく、快適な屋外体験を提供します。

雨の日を、快適に。自分も周りも濡れない!逆さま傘「RainSmile U2」

周囲を濡れない逆折り設計


RainSmile U2は「逆折り設計」です。

逆折り設計とは、傘を閉じるときに伝統的な折りたたみ傘とは異なる方法で傘をたたむ仕組みです。

一般的な折りたたみ傘は、傘生地を内側に折り曲げて収納しますが、逆折り設計では傘生地が外側に折り曲げられます。

そのメリットは、傘を閉じた際に濡れた傘の表面が内側に折り畳まれるため、周囲のものを汚すことを防ぎ、濡れた部分を外側に保持できます。

また、逆折り設計の傘は開いた際にも外側から内側に水滴を集めるような機能を持っていることがあり、濡れた状態でも取り扱いやすくなっています。使いやすさや携帯性を向上させるために採用される場合もあります。

これで床に立てておけば場所をとらずに周囲を濡らしません。
どんな場所にも持ち込める、周りに迷惑をかけない安心の一本。

雨の日を、快適に。自分も周りも濡れない!逆さま傘「RainSmile U2」

片手でワンブッシュ、自動開閉


手がふさがっていても大丈夫

片手でパっと開ける!

ワンプッシュで、力を入れずに簡単に開けられます。

スムーズな開閉で、車から降りる時も、急なひどい雨の時も。

パッと開いて、快適に外を歩きましょう!

日本は6-7月にかけての梅雨、

夏から秋にかけての台風·秋雨などもあり、

世界で2番目に雨が多い国とされています。

なかなか理想の一本に出会えない…

というお悩みを持っている方も多いのでは。

雨の日を、快適に。自分も周りも濡れない!逆さま傘「RainSmile U2」

「RainSmile U2」はいかがでしょうか?

もし興味があったら、ぜひ商品ページで詳細をご覧ください♪
晴雨 兼用 折りたたみ 傘 Rain Smile U2
おすすめの記事
こちらもおすすめ