晴雨兼用傘を知ろう!

2024/04/02
rainsmile u2傘 折りたたみ傘 晴雨兼用 折りたたみ傘
ファッション性と機能性を両立させたい、春夏の傘。様々な種類あって、本当に選ぶのが難しいアイテムです。今回は「晴雨兼用傘」をピックアップして、その選び方のお手伝いをさせていただきます。

晴雨兼用傘を知ろう!

晴雨兼用雨傘とは、紫外線対策を施した雨傘。一本持っておくと便利なアイテムです。日傘使いをメインに考えて作られており、軽い雨も防げる機能を備えたパラソル。色彩も多彩で、選びごたえもあるのが特徴。晴れた日にも雨の日にも大活躍。紫外線対策や急な雨でも安心です。普段から使い勝手のいい傘を持っていると、突然の天候変化にも対応できてお役立ち。
では、晴雨兼用傘の見方とは何か、ここから三つのポイントをご紹介いたします!

晴雨兼用傘を知ろう!

晴雨兼用傘の見方ーその1:UVカット


晴雨兼用傘と言えば、UVカット機能です。
UVカット機能のある傘を選ぶ際には、傘の生地や仕様をチェックすることが重要です。一般的に、UVカット機能を持つ傘は生地に特殊なコーティングが施されており、紫外線をブロックする効果があります。
例えば、製品の説明やラベルに「UVカット率99%」や「UPF50+」といった表示がある場合、その傘はUVカット機能が備わっている可能性が高いです。また、専用のUV測定器具を使用して、実際に傘の生地が紫外線をどれだけカットしているかを測定する方法もあります。
UVカット機能がある傘を選ぶことで、晴れた日でも安心して外出できます。UV対策を考えながら晴雨兼用傘を選ぶ際は、このポイントを参考にしてみてください。

晴雨兼用傘を知ろう!

晴雨兼用傘の見方ーその2:裏加工


晴雨兼用傘の裏地に加工が施されているかどうかは、主に光を通すことで確認することができます。裏地に特殊なコーティングや加工が施されている場合、光を当てるとそれが反射されたり透過されたりすることがあります。
例えば、裏地に撥水加工が施されている傘では、水滴や光を当てた際に水分や光が弾かれたり透過しないようになっています。また、UVカット機能が裏地に施されている場合、紫外線を遮断する効果があるため、光を透過させないように設計されています。
光を当てて裏地の反応を見ることで、晴雨兼用傘の裏地に加工がされているかどうかを一定程度判断することが可能です。商品の説明やラベルにもその裏地の特性が記載されている場合がありますので、そちらも参考にしてみてください。
晴雨兼用傘を選ぶ際には、裏地の加工もチェックすることで、より快適で便利な傘を選ぶ手助けとなります。自身のニーズに合った晴雨兼用傘を見つけて、快適な日常を過ごしましょう。

晴雨兼用傘を知ろう!

晴雨兼用傘の見方ーその3:晴メイン?雨メイン?


晴メインか雨メインかを見分けるポイントは、傘のデザインや仕様にあります。晴雨兼用傘であっても、一部は晴れを想定した設計のものや、逆に雨を想定した設計のものがあります。
例えば、晴メインの傘はUVカット機能や紫外線対策の表示があり、軽量で日差しを遮る効果が高い特徴を持っています。一方、雨メインの傘は雨滴を弾くコーティングや風に強い構造など、雨天時に便利な機能やデザインが特徴的です。
商品説明やラベルに「晴用」「雨用」といった表記がある場合、その傘がどちらを重視した設計なのかがわかりやすく示されています。また、素材や形状からも判断できることがあります。
晴雨兼用傘を選ぶ際には、自身の使用頻度や環境に合わせて晴メインか雨メインかを判断し、適した傘を選ぶと便利です。気候や用途に合わせて、最適な晴雨兼用傘を見つけてください。

晴雨兼用傘を知ろう!
晴雨 兼用 折りたたみ 傘 Rain Smile U2

晴雨兼用傘は、晴れた日や雨の日に便利なアイテムです。UVカット機能や耐風性能、裏地の加工など、さまざまなポイントを考慮して選ぶことで、快適な使用体験を得ることができます。自分のライフスタイルやニーズに合った晴雨兼用傘を選んで、快適な日常生活を送りましょう。天候の変化に備えて、お気に入りの晴雨兼用傘を手に入れて、快適な外出を楽しんでください!
おすすめの記事