ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

E-バイクは鉛蓄電池かリチウムか? どちらが費用対効果が高く、実用的なのか? 関係者が語る真実

2023/11/14
電動 アシスト 自転車 小型

電動 アシスト 自転車 小型は旅行用ツールとして人気があるが、電動 アシスト 自転車 小型は高価なものではないので、オーナーはあまり注意を払わない。 そしてバッテリーを交換する際、多くのオーナーが鉛バッテリーとリチウムバッテリーのどちらを交換するか検討している。 費用対効果が高いのはどちらか、実用的なのはどちらか。

電動 アシスト 自転車 小型


電動 アシスト 自転車 小型は今やほとんどすべての家庭が持っており、電動 アシスト 自転車 小型はハイテク製品ではなく、最も基本的な構造は鉄のフレームに加えて、バッテリー、モーター、タイヤであるため、時折発生する問題は珍しいことではない。 今日は、バッテリーが損傷した後、E-バイクは鉛蓄電池またはリチウム電池に交換する必要があると言うことですか? 菅野完がお答えします。

鉛電池、リチウム電池、グラフェン電池の違い

今、電動自転車のバッテリーの種類は限られていて、ブランドによって呼ぶなら、リチウム電池、鉛蓄電池、グラフェン電池と黒金電池があり、リチウム電池と鉛蓄電池は基本的にみんな聞いたことがあり、最も一般的な2種類の電池で、そのグラフェン電池と黒金電池は黒い科学技術とは何ですか? KanKanは多くの電池を理解しているので、あなたは非常に明確に伝えることができます、グラフェン電池と黒金電池は鉛蓄電池です!

なぜ鉛電池の違いがあるかというと、各ブランドがギミックを仕掛けていて、元々の鉛電池にオプションでグラフェンを少し入れていて、グラフェン電池と呼ばれるものもあれば、黒金電池と呼ばれるものもありますが、実際には電池の容量を増やす仕様は同じで、電池が重くなるので、オーナーは航続距離が遠くなると感じるでしょう、基本的には電動軽二輪車や電動バイクに適用されます。 リチウム電池は本当に別のカテゴリで、より軽量、より大きなエネルギー密度、より多くのサイクル、電動自転車でのアプリケーションのほとんどです。

どのバッテリーがより費用対効果が高いのでしょうか?

リチウム電池は鉛蓄電池の約2倍、グラフェン電池は鉛蓄電池の約2倍、ブラックゴールド電池はグラフェン電池の約1.5倍、リチウム電池は鉛蓄電池の約2倍です。

つまり、通常の鉛蓄電池が最も安く、次いで黒金、グラフェン、リチウムの順となる。 バッテリーを交換する場合、短距離の移動だけなら、普通の鉛蓄電池を選べばいいし、もっと遠くまで走りたいなら、航続距離が長いだけでなく、耐久性も高い他のバッテリーを選べばいい。

どのバッテリーがより実用的か?

電動 アシスト 自転車 小型のバッテリーは、実際には、あなたが鉛蓄電池の電動 アシスト 自転車 小型であれば、電動 アシスト 自転車 小型の種類自体に依存し、もちろん、リチウム電池を変更したいが、車の修理の巨匠は、通常そうすることをお勧めしません、今電動 アシスト 自転車 小型はEABS電子アシストブレーキシステムを持っているので、主な役割は、車両の減速ブレーキを支援することです、ブレーキ時間は、鉛蓄電池のために、比較的大きなエネルギーのフィードバックをもたらすためにバッテリーを与えるでしょう。 リチウム電池はBMSバッテリー管理システムを持っていますが、大きな静電容量を持つ鉛蓄電池は、耐えることができ、フィードバックを受信すると、今度は爆発を生成し、短絡を引き起こす可能性があります。

だから、どのバッテリーの電動自転車がより実用的で、主に電動自転車の元のバッテリーを確認するために、それが鉛蓄電池を変更するのが最善である鉛蓄電池の電動自転車であれば、黒金とグラフェン電池もできますが、価格が高価である;それはリチウムイオン車であれば、リチウム電池を変更するのが最善であり、寿命を延ばすことができ、それは安全上の危険を減らすことができます。

いわゆるブラックゴールドバッテリーやグラフェンバッテリーは、実は鉛蓄電池である。 菅斌の見解によると、普通の鉛蓄電池の鉛蓄電池車の短距離走行が最適で、黒金電池やグラフェン電池の長距離走行なら、リチウム電池のリチウム車がライン上にある。

おすすめの記事
こちらもおすすめ