ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

なぜ他の人のフル アシスト 電動 自転車は10年も乗れるのに、自分のフル アシスト 電動 自転車は2年でスクラップになるのか?

2023/11/14
フル アシスト 電動 自転車

今、市場で最も一般的な移動手段がE-バイクだと言ったら、誰も反対しないはずだ。

テイクアウトのボーイも、毎日子供を迎えに行くママも、急いで通勤するサラリーマンも、フル アシスト 電動 自転車に乗れば時間も距離も急がず、渋滞も緩和される。 自転車よりも便利で、小型車よりもフレキシブルに道路の隙間を移動できる。 他の交通手段と比べ、フル アシスト 電動 自転車には多くの利点があり、一般家庭の移動ニーズを満たすことができる。

フル アシスト 電動 自転車


また、電動自転車の使用はますます広くなっており、一般の人々も家庭での電動自転車の使用を気にするようになった。 なぜ一部の電動自転車は5、6年、あるいは10年も使えるのに、あなたの電動自転車は最初の2年でスクラップになってしまうのか?

フル アシスト 電動 自転車は10年使えるのか?

一般的に言えば、フル アシスト 電動 自転車の通常の寿命は3?5年程度であり、どのくらいの用語の使用と車のメンテナンスが関連している、あなたの車はほとんど乗っていない場合は、適切なメンテナンスがあり、その後10年の使用も達成することができるはずです。

フル アシスト 電動 自転車の使用期間に影響を与える理由は何ですか?

フル アシスト 電動 自転車の寿命はバッテリーに関係していると考える人もいるが、本当にそうだろうか? 実は、電動自転車を長く使えるかどうかに影響する要素はたくさんあり、それは主に2つの側面、1つは良し悪しの核心部品、もう1つは車両のメンテナンスによる。

例えば、モーター、コントローラー、パネル、フレームなどのコア構成である。 フル アシスト 電動 自転車のこれらのコア構成は、もし片方が長い間メンテナンスをしていなかったり、よく消耗している状態であれば、フル アシスト 電動 自転車に非常にダメージを与え、時間が経つにつれて、耐用年数が短くなる。

フル アシスト 電動 自転車のフレームを例にとると、フレームはフル アシスト 電動 自転車の「支柱」を支えるもので、支柱がしっかりしていないと、車体が持ちません。 フレームの素材は、強度の高い炭素鋼、軽量のアルミ合金、安価な亜鉛メッキ素材、普通の鉄素材などさまざまだ。 耐食性や引張強度も異なる。 もちろん、素材の違いによってコストも大きく異なります。 したがって、一般的に、使用されている材料がより高品質であるため、有名ブランドからフル アシスト 電動 自転車を購入することをお勧めします。

E-バイクが長持ちするという保証はありますか?

低品質のフル アシスト 電動 自転車の中には、通常のブランドのフル アシスト 電動 自転車とまったく同じように見えるが、内部は本当に「別の風景」であるものもある。

フル アシスト 電動 自転車の品質の違いは、パーツの品質にある。 フル アシスト 電動 自転車の品質は良いブランドのモーターですが、品質の悪いモデルは、多くの場合、数十ドルは再び使用されるモーターを改装することができます。 外から見るとそれほど違いはなく、短時間で使い分けるのは難しい。 しかし、長い間乗っていると、品質の良し悪しはすぐにわかる。 これもフル アシスト 電動 自転車の耐用年数を決める理由になる。

モーター、フレーム、コントローラー、ディスクブレーキディスク、フロントとリアのショックアブソーバーはすべて、フル アシスト 電動 自転車の構成に適した耐久性のある素材です。 高品質の材料は一般的に5-8年使用でき、これはフル アシスト 電動 自転車の長い耐用年数を保証するものである。 低品質の車両は、一般的にハイエンドの付属品が装備されていない、一般的に約1?2年乗って、様々な問題が明らかになる、間違ったことに費やしたお金を修復するために、新しいe-バイクを交換するのに十分です。

フル アシスト 電動 自転車の寿命を延ばしたいなら、メンテナンスは欠かせない!

フル アシスト 電動 自転車が適切に手入れされていない場合、最初の影響はその範囲であり、長期間使用した後、バッテリーは回復不能な損傷を受け、その結果、航続距離が短くなります。 フル アシスト 電動 自転車の寿命は、メンテナンスが不可欠なのだ。

フル アシスト 電動 自転車のメンテナンスはどうすればいいのか? 日常的なメンテナンス方法を紹介しよう。

1、フル アシスト 電動 自転車のフロントアクスル、ミドルアクスル、フライホイール、チェーンなどの伝動部分の定期点検と拭き取り注油を定期的に行い、錆や腐食による正常な走行を防ぐ。

2、フル アシスト 電動 自転車に乗った後は、どんなに電力を消費しても、毎回バッテリーを充電しなければならない。 また、長期間使用しない場合は、1ヶ月に1回充電するようにすると、バッテリーサイクルを長持ちさせることができる。

3、充電方法だけでなく、フル アシスト 電動 自転車の放電方法も知っておくこと。 毎月、完全に放電し、完全に充電する必要があります。 そして、任意に元の充電器を交換しないことを忘れないでください、推奨は換気の良い場所で充電することです、それは充電時に外部のオブジェクトをカバーすることは厳禁です。

4、可能な限りペダルアシストスタートの良い習慣を開発し、コントローラ、モーター、バッテリーに非常に良いハイパワー放電の可能性を減らします。

5、フル アシスト 電動 自転車は長い時間外に置くことができない、できるだけでこぼこや険しい道を行くために、日光、雨や傷の予防に注意を払う。

6、塗料表面の異物による摩擦損傷を低減するように、電子自転車に定期的にクリーニング。

7、加速を避けるようにしてください。 スタート時の車は、人々を運ぶ、丘に登る、加速操作を踏むと、硫酸鉛結晶につながりやすい瞬間的な高電流放電を形成し、バッテリプレートの物理的特性に損傷を与える。

一般的な交通手段であるフル アシスト 電動 自転車は、使用期間も個人の乗り方やメンテナンスの習慣によって決まります。 では、あなたはフル アシスト 電動 自転車に何年乗っていますか? 普段どのようにメンテナンスしていますか? 私たちとのコミュニケーションを歓迎します

おすすめの記事
こちらもおすすめ