ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

電動自転車のe-bikeで自由なスポーツを楽しもう!

2023/12/07
電動自転車 スポーツ

電動自転車のe-bikeとは、スポーツやレジャーに使用するスポーツサイクルに電動アシスト機能を付加したタイプです。

シティサイクルとは異なり、スタイリッシュでスポーティな外見が特徴です。ただし、e-bikeの電動自転車にはロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなどさまざまな種類があり、どれを選ぶべきか迷う人も多いかもしれません。

では、この記事はe-bikeの種類や選び方について紹介します。

電動自転車 スポーツ

普通の電動自転車との違い

e-bikeは通常の電動アシスト自転車よりもバッテリー容量が大きく、長距離や坂道でも快適に走行できるモデルがあります。そのスポーツ自転車としての性能は維持されており、軽快なペダリングとハンドリングが魅力です。それにより、スポーツとしての楽しみも得られる自転車と言えます。

一方、ママチャリタイプの電動アシスト自転車よりも、スポーツ走行に適したアシスト性能を持つことも特徴です。e-bikeは高性能なモーターやドライブユニットを備えており、ペダルを踏む力に応じてパワフルにアシストします。一方で、荷物を運ぶ電動ママチャリは踏み出しのアシスト力が強く、高速域のアシストは限られています。

 

e-bikeは免許不要ですが、道路交通法によりアシスト比は最大1:2(人:アシスト)に制限され、24km/hに到達するとアシストが切れます。海外モデルには24km/hを超えてもアシストが効くものがありますが、公道での走行は違法です。法律に適合した型式認定を受けたものが推奨され、自転車店での修理や公道での走行を考慮すると、型式認定品を選ぶことが無難です。

 電動自転車 スポーツ

スポーツ向け電動自転車・e-bikeを選ぶ際のポイント:

 

自分のニーズに合った種類の電動自転車を選ぶ:通勤や街乗りには電動クロスバイクがおすすめで、長距離走行には電動ロードバイクが適しています。オフロード走行を楽しみたいなら、電動マウンテンバイクやファットバイクが選択肢になります。

バッテリーの搭載方法と容量を確認する:外づけバッテリーは充電が容易ですが、インチューブバッテリーはスッキリとした外観が特徴です。また、バッテリーの容量や交換可能性も考慮しましょう。

軽量なモデルを選ぶ:走行時の軽快さや持ち運びの便利さを考慮し、18kg以下のモデルがおすすめです。また、駐車スペースの確保も重要です。

走行モードとブレーキを選択する:走行性能に関わるギア数やアシストモードの選択、ブレーキの種類を考えましょう。

必要なアイテムを準備する:フロントライト・リアライト・ベルは公道走行時に必須です。また、カゴやスタンドなどのアイテムも使用目的に応じて選ぶことが重要です。

電動自転車 スポーツ

スポーツ向けの電動自転車e-bikeの多様性と使いやすさを考慮すると、個々人のニーズや好みに合った選択が非常に重要です。都市での便利な通勤から快適な長距離走行、または荒れた山道や街中での買い物に最適な自転車を見つけることができます。適切なe-bikeのモデルを選択することで、独特のライディング体験を得ることができます。

おすすめの記事
こちらもおすすめ