ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

電動 付き アシスト 自転車は速く走れば走るほど節電になる? どのくらい走れば節電になるのか、おわかりだろうか?

2023/10/17
電動 付き アシスト 自転車 電動アシスト自転車

経済的で便利な移動手段として電動 付き アシスト 自転車を利用する人が増えている。 しかし、市場に出回っている電動 付き アシスト 自転車のほとんどは走行距離が限られており、移動に不便をもたらすことが多い。 電気を節約し、より長く乗るためには、電動 付き アシスト 自転車はどのように乗るべきなのだろうか。

電動 付き アシスト 自転車は、同じ距離を走るのであれば、電気を節約するために速く走った方がいいと思っている人が多いようだが、本当にそうなのだろうか?

電動 付き アシスト 自転車


一般的に、電動 付き アシスト 自転車は中速で走行した方がエネルギー効率が高く、最高速度の60%の一定速度で走行した時が最もエネルギー効率が高いと言われている。 電動 付き アシスト 自転車の走行速度はモーターと電動 付き アシスト 自転車の電圧に関係しているため、走行速度が速すぎるとモーターが常に最大電力を出力することになり、発熱と消費電力が大きくなり、モーターの寿命にも影響する。また、走行速度が遅すぎると、頻繁なブレーキと再始動による消費電力も大きくなる。 電動 付き アシスト 自転車の頻繁な始動は最も電力を消費し、モーターの始動電流は通常運転の数倍になる。

電動 付き アシスト 自転車節電のヒント

1、均一な速度で走行すると節電になる

走行速度を追求せず、一定の速度で走行し、速くなったり遅くなったりしないこと。 交通環境が許さない場合、または雪が降って道路が滑りやすい場合、頻繁なブレーキと発進を避けるようにすると、バッテリーとモーターの寿命を延ばすことができます。 なお、中速走行時の電動自転車は、最も省エネの状態で速度が変わらないことが確認されています。

2、急ブレーキをかけない

自転車に乗って集中しなければならない、常に周囲の道路状況を観察し、急ブレーキを避ける。 急ブレーキはモーターに大きなダメージを与えるだけでなく、ブレーキが効かなくなりやすく、電動 付き アシスト 自転車の使用に影響を与えるからです。

3、ブースター乗車は非常に重要

電動 付き アシスト 自転車ユーザーの大半は、追いつくために急いでいない場合は、電動 付き アシスト 自転車の電源機能を使用することができ、多くの電力を節約することができ、同時にまた、モータを保護し、バッテリーの寿命を延ばすことができます。

4、パワーロスのライディングダメージ

一部の電動 付き アシスト 自転車ユーザーは、電動 付き アシスト 自転車に乗ってきた充電することはできませんが、この動作は真剣にバッテリーの性能を害することを知らない。 複数の深い放電は大幅にバッテリーの寿命を短くします。 もし途中でパワーが足りなくなったら、深放電を避けるために、事前にアシスト走行を選択するのがベストです。

5、電力消費の悪習慣を取り除く

電動 付き アシスト 自転車の負荷容量が大きければ大きいほど、電力消費も大きくなるので、必ず電動 付き アシスト 自転車の負荷範囲を適度なものにすること。 消費電力の2つ目の主な原因はタイヤの空気不足です。走行前にタイヤの空気を満タンにしておかないと、電力を消費します。

節電のための電動自転車の具体的な操作方法

1、ギアを1段(登りギア)にして、電動自転車をスタートさせる。 始動時、モーターの瞬時電流が大きすぎると、バッテリーが消耗し、バッテリーが損傷する。 そのため、始動速度はあまり大きくせず、ゆっくり始動し、速度が上がってから2速に調整する。

2、走行する時、2速ギア(エコノミーギア)を使うようにしてください。 ある友達は頻繁に追い越したり、最高速度で走ったりするので、モーターに流れる電流がとても大きく、消費電力が速すぎて、モーターへのダメージも一番大きい。

3、モーターブレーキをフルに活用する。 ブレーキハンドルを軽くつまむと、電磁ダンピングの役割により、モーターの回転が妨げられ、ブレーキ効果が得られる。 しかし、このブレーキ効果は速度を減速させるだけで、ブレーキと停止の目的を達成することができない、緊急ブレーキは使用できません。

4、勾配が小さくて、減速する必要がある場合、ブレーキハンドルを軽く握って、モーターでブレーキをかける。

5、交差点に着く時、赤信号の時、モーターブレーキを使うことができます。

6、坂道を上る時、低速ギア(1速登りギア)を使用し、時速10km以下の時、足を下ろして運転を補助し、バッテリーとモーターを損傷しないようにしてください。

おすすめの記事