Ebike 折りたたみの充電は、使い終わったときがいいのか、それとも必要なときにいつでもできるのか?バッテリーを長持ちさせる方法がある

2023/10/16
ebike 折りたたみ 電動アシスト自転車

最近は自動車が増え、道路も混雑している。 通勤にそれほど遠距離を移動しない人も多いので、ebike 折りたたみで通勤しようという人もいる。 なぜなら、自動車に比べてebike 折りたたみは混雑した道路を平気で走れるし、1日のコストも非常に小さいからだ。

ebike 折りたたみ


現状では、裕福な家庭の人がebike 折りたたみを持っていることが多く、やはり通勤時に乗るというのは非常に良い選択だと言える。

電動アシスト自転車というと、今はかなり多くの人が使っているようだが、おそらく一番の頭痛の種は、外で使っていると突然電源が切れてしまうことだろう。 これは本当に恥ずかしすぎるし、家まで運転して帰ることもできないし、忘れてもまだ押さなければならない。 しかし、ここ数年で電動自転車の充電ステーションが整備され、長時間の走行でも電動自転車をある程度保護することができるようになった。

充電といえば、充電方法についても触れておかなければならない。 電動アシスト自転車は2、3千元で買えるが、バッテリーはしっかりメンテナンスする必要があり、メンテナンスが良くないと、バッテリーは2、3年しか使えないかもしれないが、バッテリーを交換すると600元以上になり、値段も高い。

今日、私たちは、電動自転車については、いつでも充電するべきか、使い切ってから充電するべきかについてお話します?

まずご理解いただきたいのは、電動自転車のバッテリーはローエンドバッテリーに属し、コストが非常に低いということです。 ebike 折りたたみのバッテリーを何度も充電すると、バッテリーの性能が低下します。 だから、もしあなたが頻繁に充電しながら使うのであれば、気をつけなければならないのは、頻繁な充電はバッテリーの寿命を縮めるだけだということだ。

ebike 折りたたみの使用距離がそれほど遠くないのであれば、使いながら充電しないことをお勧めします。ebike 折りたたみのバッテリーは長持ちしません。

また、ずっと充電するのは面倒だから、充電で直接電気を使い切ったほうがいい、と考えるオーナーもいる。 実はこれは大間違いで、一次電池はみんなが思っているほど壊れやすいものではない。 頻繁に充電することがバッテリーに良くないことは、多くのカーオーナーも知っていると推測されるが、品質はそれほど悪くない。 あなたが電力を使い果たしてから充電する場合は、長い時間を待つだけでなく、バッテリーに多くの損傷を与える必要があるだけでなく。

私たちの日常生活の中で、私たちは、ebike 折りたたみの充電に、ebike 折りたたみを充電することを忘れてはならない、ebike 折りたたみの指示のためにこの場合には、保護の一定の程度を持って、充電する前に、ほぼ電源リリースまで待ってみてください、ebike 折りたたみのバッテリーは時期尚早の除去ができます。

バッテリーの車のタイヤのパンクは本当に頭痛の種であり、今修理ポイントは少なく、その努力は言うまでもありませんが、また、損傷を引き起こしやすいe -バイクに。 汗をかくためにプッシュするだけでなく、結果として多くのお金を費やし、それは本当に費用対効果がありません。 出先でパンクしたことのある友人は、今でもその感覚を覚えていると思う。

おすすめの記事