ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

この6点に注意しないと、電動 アシスト バイクモーターが "ストライキ "を起こすかもしれません!

2023/10/18
電動 アシスト バイク 電動自転車

電動 アシスト バイクの4つの中核部品の1つであるモーターは、車両全体の動力源であり、その重要性は明らかだ。 特に冬場は、モーターが原因で故障してしまうと大変なことになります。 今日は、冬場のモーターのメンテナンス方法についてまとめてみた。

電動 アシスト バイク


Step1-モーターの音が正常かどうかを確認する。

一般的に、電動 アシスト バイクは走行中にある程度のノイズを発生するが、これは正常な現象である。しかし、走行中に明らかに「カッ、カッ」という音や異常な振動を発生する場合は、電源を切り、適時にオーバーホールする必要がある。

Step2-電動 アシスト バイクがスムーズにスタートするかどうか。

電動 アシスト バイクが後進するとき、車輪が重く感じるが、これは電源を入れて後進すると、電動 アシスト バイクが自動的にモーターのブレーキを強くするためで、正常な現象である。 ただし、前進時に抵抗を感じる場合は、すぐに電源を切り(前進抵抗をなくすことができる)、アフターサービスに出してオーバーホールしてもらう必要がある。

また、e-wheelハブに激しい衝撃を与えたり、電動 アシスト バイクをブロックした状態で無理にスタートさせたりしてはいけません。 電動 アシスト バイクが詰まって始動できなくなった場合、何度も始動させず、電動 アシスト バイクの詰まりの原因を取り除いてから再度モーターを始動させてください。

step3-水たまりを避ける

雨の日に電動 アシスト バイクを運転する場合、水深の深い道路を避けるようにしましょう。水がモーターに浸入しやすく、インターフェイスのショートを引き起こし、モーターが激しく回転し、深刻な場合はモーターの巻線抵抗の損傷につながる可能性があります。

step4-過負荷を避ける

電動 アシスト バイクの過負荷はホイールハブを変形させるだけでなく、モーター、回路の過負荷にもなり、モーターの発熱、モーターの深刻な損傷につながりやすい。タイヤの空気圧不足や長い急斜面での走行に加えて、モーターが燃える危険性もある。

step5-モーターを勝手に分解しない

電動自転車のモーターの電気回路と電気接続は、工場から出荷される時に専門の担当者が設計?加工したものであり、消費者が勝手に分解したり改造したりすると、故障や事故(ショート、火災、交通事故、その他の重大な結果を含む)が発生する可能性があります。

第二に、モーターが熱い(90℃以上)、煙、臭い、騒音などの異常を発見した場合、直ちに運転を停止し、アフターサービス店に送って対処してもらい、自分でモーターを分解しないでください。

step6-定期点検と潤滑油の補充

定期的にモーターとリアフォークの間のナットが締まっているかどうかをチェックし、もしナットが緩んでいることが分かったら、工具を使って締め付けなければならない。第二に、チェーンが装備されているモーターについては、チェーンとモーターの消耗を減らし、耐用年数を延ばすために、定期的にチェーンに潤滑油を加えるべきである。

要約すると、それは次のヒントです:モーターのパワーに、通常、強化するためのメンテナンスは、モータの寿命に、負荷を大切に、強くしようとしないでください、モータのノイズが小さく、定期的な潤滑が少なくすることはできません、モータがスクラップされていない、道路が平坦で安定したプラス防水です。

おすすめの記事