ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

アクセル 付き 電動 自転車の充電はソケットとバッテリーのどちらが先? どちらを先に接続するのが良いのでしょうか? 知っていますか?

2023/11/06
アクセル 付き 電動 自転車

アクセル 付き 電動 自転車を使う過程で、多くのアクセル 付き 電動 自転車ユーザーがこのような問題に遭遇していると思う。アクセル 付き 電動 自転車の充電は、バッテリーが先か、コンセントが先か。 この問題に対して、今日は自動車修理の達人として、本当の答えをお伝えしよう。 実は、アクセル 付き 電動 自転車を充電するには、まずバッテリーポートを接続し、次にコンセントを接続する必要がある。 これはなぜか? それを説明しよう。

 

アクセル 付き 電動 自転車



まず、バッテリーポートを先に接続してから電源を接続する方法を見てみよう。 この方法では、充電器はすぐには始動せず、ソフトスタートプロセスに入ります。 簡単に言えば、バッテリーに悪影響を与えるような突入電流は発生しません。 最初に電源を接続し、次にバッテリーポートを接続すると、充電器が直接始動するため、突入電流が形成され、バッテリーに悪影響を与えるだけでなく、充電器の老朽化も早まります。 そのため、アクセル 付き 電動 自転車の充電はまずバッテリーポートに接続する必要がある。

また、アクセル 付き 電動 自転車のパワーが一般的に大きくなったため、充電器のパワーも大きくなり、充電器が故障したり、品質に問題が発生した場合、先に電源ソケットに接続することで発生する瞬間的な大電流が安全上のリスクをもたらす可能性があることも知っておく必要がある。 先にバッテリーを接続し、その後にコンセントを接続すれば、リスクは大幅に軽減される。

実際、アクセル 付き 電動 自転車の充電は、まずバッテリーの端子を接続し、次に電源を接続するというごく小さなことで、誰でもできることであり、これによって間違った充電方法でバッテリーや充電器に危害を加えることを避けることができる。

最後に、ユーザーが注意する必要があるもう一つのことがあります:充電後、最初に電源を切断することを選択し、その後、バッテリ端子を切断することを選択します。 これにより、充電器の高電圧を素早く消失させることができ、充電器の損失が最小限に抑えられ、寿命がある程度延長されます。

おすすめの記事
こちらもおすすめ