ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

電動 自動 自転車で水の中に入るには?

2023/10/19
電動 自動 自転車

一年中、季節を問わず雨の日が多いので、電動 自動 自転車で旅行する消費者は疑問に思うだろう。 この問題を解決する良い方法はあるのでしょうか? 以下、紹介しよう。

電動 自動 自転車


1.バッテリーは水に浸した後、乾燥させてから充電する。

電動 自動 自転車のバッテリーの中には防水対策を施しているものもあり、一般的な電動 自動 自転車は雨に濡れても問題ありませんが、これは電動 自動 自転車が自由に水に浸かることができるという意味ではありません。 電動 自動 自転車のバッテリーは雨に濡れた後、すぐに充電してはならず、車体を風通しの良い場所に置き、乾かしてから充電することをオーナーにお伝えしたい。

2.コントローラーが濡れると制御不能にショートしやすい

電動 自動 自転車のコントローラの水は簡単にモーターの逆回転によって引き起こされ、深刻な浸漬後の電動 自動 自転車の所有者は、ドライヤーでそれを乾燥させ、その上にインストールし、水の内部を乾燥させるためにコントローラを取り外すことができ、インストールした後、それは防水能力を高めるために包まれたコントローラにプラスチックを使用するのが最善であることに注意してください。

3.モーターに雨水を入れて水を放出する

電動 自動 自転車は走った後、特に水位が深く、水位が中ウランを超えない場合、車もある程度古くなると、水がモーター内部に入ることがあります。 このとき、モーターから水を抜くことを考える必要がある。 面倒なので、専門の修理工場で対処することをお勧めする。

4.電動 自動 自転車は水中走行が危険。

水の抵抗が非常に大きく、バランスを崩しやすく、水セクションに乗ると、万が一マンホールの蓋が開いて水流が上に流れた場合、非常に危険なので、水セクションで遭遇した場合は、実施から降りることをお勧めします。

あなたが電動 自動 自転車で旅行した場合、雨の日には、ダッシュボードに注意を払うようにしてください、コントローラ、バッテリー、モーターは、4つの主要なコンポーネントを防水雨にする必要があります。 暖かいヒント:あなたは雨の中で旅行する必要がある場合は、大雨の中で自転車では旅行しないようにしよう 重要な部分への損傷を防ぐために、駐車場に安全な土地を選択する必要があります。

おすすめの記事