ライディング中にタイトなサイクリングジャージを着るのは恥ずかしい? サイクルジャージピチピチの正しい着方

2024/05/23
サイクルジャージピチピチ
サイクリングコンテンツを投稿するようになってから、サイクリストが毎日サイクルジャージピチピチを着用して何をしたいのか、という話題をよく目にするようになった。 罵詈雑言もいろいろある。 あまりに目に余るとしか言いようがない! サイクリングジャージピチピチは、サイクリングウェアのために特別に設計され、サイクリングジャージピチピチのデザインは、風の抵抗を減らすことができますので、人々はより速く乗るために、より多くのエネルギーを乗ることができます。
ライディング中にタイトなサイクリングジャージを着るのは恥ずかしい? サイクルジャージピチピチの正しい着方

電動折りたたみ自転車 ERWAY A02

第一に、サイクルジャージピチピチを着るのは恥ずかしくない


サイクルジャージピチピチには、そのサイクルジャージピチピチのデザインであれ、速乾性素材であれ、ボトムパッドのデザインであれ、プロフェッショナルサイクリングウェアとしての用途がある。 というのが好きな人は、毎日サイクルジャージピチピチを履きたいのだろう。 あるいは、サイクリストはサイクルジャージピチピチを好んで履く変態だと思っている人も、サイクルジャージピチピチを履いていれば光に晒されることもなく、何も見えないのだから、彼らの言葉を気にする必要はまったくない。

サイクリストが毎日サイクルジャージピチピチを着用しているのは、体型を誇示するためでも、他人の注目を集めるためでもない。 走行中、サイクルジャージピチピチはより良い着用感と保護性を提供することができる。 まず、サイクルジャージピチピチのデザインは風の抵抗を減らすことができ、ライディング時の抵抗が減り、ライディングがよりスムーズで楽になる。 これは、レースでより高いスピードを追求する必要があるプロのライダーにとって特に重要だ。 一般のサイクリストにとっても、サイクルジャージピチピチは疲労を軽減し、ライド時間と走行距離を伸ばすのに役立つ。

次に、サイクルジャージピチピチは速乾性に優れた素材を使用しているため、汗を効果的に吸収?排出し、体をドライに保つことができる。 また、体温を安定させ、どんな天候でもライダーを快適に保つことができる。

最後に、サイクルジャージピチピチの下にあるパッドは、さらなる快適性とプロテクションを提供するよう設計されている。 長時間のライディングはライダーに摩擦や圧迫を与えるが、パッドは坐骨や骨盤部分への圧迫を軽減し、摩擦による不快感や痛みを軽減する。

ライダーがサイクルジャージピチピチを着用していることに誤解や偏見を持っている人には、ライディングの楽しさやプロフェッショナリズムを理解することはできないだろう。 サイクルジャージピチピチを着るということは、見栄えを追求したり、変態的な精神性を満たすことではなく、ライディングの楽しさをよりよく味わい、ライディングの効果を高め、自分の安全を守ることなのだ。 サイクリストを罵倒し、軽蔑する人たちは、彼ら自身がサイクリングについてほとんど知らず、必要な理解と敬意を欠いているからそうしているに過ぎない。 したがって、私たちはそうした無知や偏見を気にする必要はなく、むしろ自分の選択を堅持し、サイクリングがもたらす幸福と健康を享受すべきなのだ。

ライディング中にタイトなサイクリングジャージを着るのは恥ずかしい? サイクルジャージピチピチの正しい着方

第二に、なぜサイクルジャージピチピチはタイトなトリムなのか?


風の抵抗を減らすためです。 自転車の最大の抵抗は風の抵抗によるもので、人による風の抵抗が70%以上を占めることもあり、服の「風」を弱めることでサイクリングの効率を最大限に高めることができる。 実際、以前のサイクルジャージピチピチは特にタイトではなく、せいぜい細身といえる程度......ライブ画面では、服の後ろでライダーの首が気流に揺られているのが見えるほどで、現在では考えられないことだ。

ライダーがタイトなウェアを着るようになったのは、TTタイムトライアルの時だけだ。 そして現在に至るまで、サイクルジャージピチピチは肩や袖口からはっきりとわかるほどフィット感が高く、現代のサイクルジャージピチピチの価格はレースカーの価格よりも高いことさえある。 着心地は悪いが。 最近のバイクはどんどん限界に挑戦しているから、ちょっとした無駄が細かいギャップを広げ、そのギャップが勝敗を分ける。 競技スポーツでは常にそうなのだ。

ライディング中にタイトなサイクリングジャージを着るのは恥ずかしい? サイクルジャージピチピチの正しい着方

第三に、サイクルジャージピチピチの正しい着方である


サイクルジャージピチピチの正しい着方には、主に次のようなレベルがある:

1.上にシャツを着る

スウェットシャツや速乾性のあるジャケットを体に密着させ、ドライな状態を保ち、風邪を引かないようにする。 次に長袖の風を通さないサイクルジャージピチピチで保温性を高める。 外側には、天候に合わせてウエストコートや防風ジャケットを追加することができる。 凍傷を防ぎ、手のひらを保護するためにサイクリンググローブは欠かせない。

2.ボトムス

擦れを最小限にするため、下着なしで着用できる、つなぎ目のないスタイルのサイクリングパンツを着用する。 足を暖かくドライに保つため、ロッカーシューズとロングソックスがおすすめだ。

3、ヘッドウェア

ヘルメットは必須だが、ゴーグルやフェイスタオルで顔を保護することもできる。

4、その他の装備

気象条件によって、「玉ねぎ着装法」、すなわち、異なる気温条件に適応するために重ね着をする方法を採用することができる。 防風ウェストコート、防風ウィンドブレーカー、パンチングジャケット、長袖サイクルジャージピチピチ、レッグスリーブスリーブ、パッド入りサイクリングショーツ、防風グローブ、スポーツビブスなどがおすすめ。

5、注意事項

これはあまりにも肥大化し、通気性ではなくなるので、綿の秋のコートのジャケットの綿の摩耗を内側に着用することはお勧めしません。 下半身のズボンの選択も同様に綿の秋のズボンを避ける必要があり、両足は活動の主な力であるため、あまりにも厚く、あまりにも肥大化した着用しないでください。 このように着こなすことで、サイクリストは安全で便利な走行を確保しながら、快適さを保つことができる。

まとめ:以上、サイクルジャージピチピチについてでしたが、参考になれば幸いです。 もっと詳しく知りたい方は、当店を購読してクーポンをゲットしてください。
こちらもおすすめ
お客様から大好評