ユーザー
購入した商品
  • れ*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • れ*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • み*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • L*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • 出*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー
  • ボ*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • N*** ホットプレート 焼肉 グリル鍋 一人用
  • G*** SOLEMOOD ウォーターサーバー 浄水型「PURE」
  • 北*** マルチサンドメーカー 2枚 ワッフルメーカー タイマー付き
  • に*** ホット サンドメーカー 電気 ワッフルメーカー

梅雨時の電動アシスト自転車のバッテリーのお手入れ方法とは?

2023/11/15
自転車 おしゃれ 電動

梅雨時期の電動アシスト自転車のバッテリーのお手入れ方法をご紹介します。

自転車 おしゃれ 電動


Tips1:電動アシスト自転車のバッテリーへの浸水を防ぐため、深い水は避ける。

モーターやバッテリーなど、自転車 おしゃれ 電動の重要な部分には防水加工が施されているが、深水も避けるようにしよう! 第一に、モーターやバッテリーの浸水を防ぎ、車体内部の回路にダメージを与えないようにするためです。第二に、水が飛び散って他の歩行者に影響を与えるのを避けるためです。

Tips2:自転車 おしゃれ 電動のバッテリーを基本的に保護するために「防水」装備を着用する!

濡れてしまっては、普段の走行に影響が出たり、交通事故の原因になってしまっては元も子もない。 だから、ドライバーは自分で「防水作業」をしなければならない。 例えば、安全性の高いヘルメットを着用し、マッキントッシュを着用し、効果的に雨をブロックするだけでなく、自分の安全を確保するだけでなく、自転車 おしゃれ 電動とバッテリーのための基本的な保護の層を提供することができます。

ヒント3:青空駐車を避け、カーポートに自転車 おしゃれ 電動を駐車する。

雨の日に自転車 おしゃれ 電動を野外に駐車すると、水が浸入した後にコントローラーが焼き切れる原因になりやすい。 また、雨が多いと自転車 おしゃれ 電動が変色したり塗装が剥がれたりしやすく、ブレーキやホーン、バッテリーなどの機器類が雨水の浸入によって破損することもあります。 安全のため、大雨のときは濡れないようにカーポートに自転車 おしゃれ 電動を保管するのがベストだ。 カーポートがない場合は、車のコントローラーをビニールシートで覆って水の浸入を防ぐとよい。

ヒント4:充電前に自転車 おしゃれ 電動のバッテリーと接続部を拭く

雨の日に走行後に直接バッテリーのスイッチを入れてはいけない。ショートする恐れがあるからだ。 バッテリーと接続ポートを中心に雨水を拭き取り、自転車 おしゃれ 電動を濡らさないようにして事故を防ぐのが正しい方法です。

おすすめの記事
こちらもおすすめ